Windows XPの設定
 
WindowsXPはWindows9x、MEとは異なり、Windows2000のアーキテクチャを引き継いだ新OSになります。
そのため設定方法もWindows9x、MEではなくWindows2000と同様になります。
なお、以下設定画面はWindowsXP Professionalを使用しております。
 
 
「スタートメニュー」から「コントロールパネル」を選択します。
 
 
「コントロールパネル」で「クラシック表示」に切り替える
 
 
「システム」をダブルクリックして開きます。
 
 
「システムのプロパティ」が開きますので、「ハードウェア」のタブをクリックします。
 
 
「ハードウェア」から中段のデバイスマネージャをクリックします。
 
 
「ネットワークアダプタ」からコンピュータに接続されたLANアダプタを選択し、ダブルクリックします。
下図では「Intel(R) 82559 Fast Ethernet LOM with Alert on LAN」になります。ご使用のLANアダプタに
よって名称は異なります。
 
 
図のように「デバイスの状態」で「このデバイスは正常に動作しています・・・・・・」となっていることを確認します。
 
 
次にTCP/IPの設定をおこないます。
「スタートメニュー」から「コントロールパネル」を選択します。
 
 
「コントロールパネル」内の「ネットワーク接続」をダブルクリックして開きます。
 
 
「ネットワーク接続」で目的の「ローカルエリア接続」をダブルクリックします。
※複数のLANアダプタや通常の電話モデム・iLink(IEEE1394)など搭載されているパソコンは「ローカルエリア接続」が
複数存在する場合もあります。
 
 
「ローカルエリア接続の状態」の「全般」画面で「プロパティ」を選択します。
 
 
「インターネット プロトコル(TCP/IP)」があり、なおかつチェックマークが入っていることを確認しましょう。
※チェックが入っていない場合は入れましょう。
この段階で「インターネット プロトコル(TCP/IP)」をダブルクリック、またはプロパティを選択します。
 
 
「インターネット プロトコル(TCP/IP)のプロパティ」が現れます。図のように「IPアドレスを自動的に取得する」を
選択し「DNSサーバのアドレスを自動的に取得する」を選択していることを確認します。※チェックが入っていない場合は
チェックを入れて「OK」をクリックします。
 
 
「ローカルエリア接続のプロパティ」の画面に戻ったら同じく「OK」をクリックします。
 
 
この後「ローカル接続の状態」の「全般」画面になります。「サポート」タブをクリックします。
 
 
上図の様にこの段階で、「IPアドレス:202.89.*.*」になっていれば既にセンター側に接続されているといえます。

TCP/IPの設定を変更・またはIPアドレスが取得できていなければ再起動します。
正常なIPアドレスの取得が確認できたら画面を閉じてください。IPアドレスが取得できない場合はパソコンとLANアダプタ、TCP/IPの
設定がうまくいっていないことが考えられますので、LANアダプタ・TCP/IPの設定をやり直して下さい。

Internet Explorer・Outlook Express等は前バージョンと特に設定の変更はありませんので、ブラウザの設定(Internet Explore,Netscape
メールソフト(Outlook Express)の設定をしてください。
 
戻る